2019年 9月 の投稿一覧

ラッカースプレーで小物を塗る~番外編~

  • あいさつ
    大雨の影響が心配であります。
    そんななか、自分が何もできない
    ことに無力感を感じる日々です。
    サンドウィッチマンのように
    笑いを届けれたらどれだけ素晴
    らしいでしょうか。
    ちなみに体系はサンドウィッチマン
    激似です。DASUNAです。

  • 小物を塗る番外編
    前回アップしました
    ラッカースプレーは使えるのか
    問題
    の続きです。

    ガレージといえば工具!
    工具といえば赤!

    そう、赤色は素敵であります。

    赤いものが増えると場所が一気に
    明るくなる気がします。
    ベージュや赤色が当方好きです。

    「せっかくだから書類を入れる
     棚も塗っちまうでねっが!」
    師匠の一声で塗っちゃいました。
    スプレーは例のマーキングのやつ
    です。



赤いだけでオフィス感が消えるのはまあ不思議!

DASUNA「これは大きいんで、下地処理
     しましょうか?」

師匠  「天気がいいのでスプレーを
     ぶっかけるであります!」

DASUNA「師匠、私が間違ってました。」

そんな流れで塗りましたが、
あら不思議、赤いだけでガレージ感が増します。

中を塗らないのは、その時の思い出を2000年後に
忠実に思い出すためです。


  • そういえば台所・・・

    倉庫には台所があります。
    それはそれは日本の台所と
    いった感じです。

    ならば・・・・

    赤に塗ってしまえねっが!

    であります。

DASUNA「師匠、赤と白は実にいい
     組み合わせですね。
     まさに原宿」

師匠  「縁起がいいねっが!
     ま○とチャン・・・◎×□▽」

台所の表面は、つるつるしていて、汚れ
を寄せ付けない素材でした。それ故
一度脱脂をしても弾いてしまいましたが、
薄く何度も吹くことで定着しました。
実物では目立ちませんが、スプレーをケチった
ことで、塗りムラが発生しました。

スプレーは想定プラス1本くらいは買いましょう。

  • 苦情が来る前に、対策を

    塗装は、対象物以外にも
    自分が思う以上に広がります。

    これからのガレージライフでは、
    奥様など、家族の理解が重要に
    なる故、不用意に塗装が飛ばない
    よう、養生をして作業を行いましょう。


ベニヤ板を立てて、塗装を行ったため、
周辺の広がりはわずかでした。

気遣いの師匠も

これならオッケーだねっが!

一人で生きているわけでは、ありません。
周辺に気を使って、理解をしてもらって
初めて楽しくなるのだと師匠は言いました。

ガレージってお金がかかりそうですが、
できるだけ安く、楽しい空間を
サラリーマンである、私と師匠

そう、週末ヒロインの我々
みなさんに、楽しさを届けたいと
思います。

ラッカースプレーで小物を塗る

  • あいさつ
    小物入れやアクセサリー、家や
    クルマ。普段使っている物が
    もう少し違う色だったらとか
    飽きちゃったなんて経験はない
    でしょうか。
    当方、クルマを乗り換えるたびに
    スーパーの駐車場で自分のクルマを
    見つけられません。
    ゆるふわ天然系DSDUNAです。

  • ガレージの小物を塗ってしまおう。
    さて、週末もガレージを作って
    しまおうの回です。
    前回はこちら

    今回は、片付けをメインにしたい
    ところです。
    早速師匠に相談です。

    DASUNA「師匠。今日も暑いですね
         倉庫の片付けをしませんか」

    師匠  「なに馬鹿なことを言ってる
         ねっが!
         こんな晴れた日は塗装を
         するに限るねっが!」

    DASUNA「そういえば小物入れが
         ありましたね。
         せっかくのガレージです。
         工具っぽく赤色なんて
         どうです?」

    師匠「いいすねっが!早速コメリへ
       Goだす」

    片付けすることを1歩 歩いただけで
    忘れてしまいました。
    鳥頭脳コンテスト優勝できそうです。

    それでは、倉庫から出てきた
    ラスティーな箱を塗ってみましょう。


               
  • 安く手間をかけずに
    今回のテーマは
    ・ローコスト
    ・ロー労力
    ・オールドスクール

    でございます。

    労力をさげるため、錆を
    落としたり、面を均一に
    やすりがけしたりはしません。
    このめんどくささが
    オールドスクールな仕上がりに
    なります(嘘)

    ローコストは塗料で賄いましょう。
    使用する塗料はこちら


  • 油を落とす
    まずは、小物入れを脱脂します。
    長年の油汚れや手の油分が付着。

    油の上から塗ると、塗装を弾きます。
    つまりは、うまく濡れません。

    エタノールや、パーツクリーナーを
    付けて拭き拭きします。


  • 塗装はゆっくりやさしく
    ただ闇雲にスプレーをぶっかけては
    きれいにできません。
    結構な割合でスプレーを使うと
    上下左右に素早く動かす人が
    いますが、NGです。

    コツは
    ゆっくり一方通行
    であります。



  • まずは薄く
    まずは「捨て吹き」をします。
    「捨て吹き」とは、油で塗装を
    弾いたかをチェックする方法です。


    また、一気に塗るよりも、より密着
    するように思います。

本当は均一に塗れるのがベストです。
こんな感じで十分です(笑)

  • 塗り重ね
    捨て吹きがオッケーであれば
    あとは、赤になるまで重ね塗り
    します。

    塗装してから、表面の艶が
    なくなったら、重ねるイメージです。

    ある程度、赤くなったら、塗料が
    垂れる寸前まで塗りましょう。

    これである程度の艶を出すことが
    できます。
    深追い厳禁です。
    男女の関係と同じです。
    あくまでクールを装いましょう。





  • できた?ちょっと待った!
    せっかちな人は塗料が乾く前に
    触ってがっかりします。
    そう決まっているのです。
    そうならないように、

    周辺の塗料を触ってみよう。

    この場合だと、ブロックや石
    です。
    それに触れても塗装面に指紋
    が付かなければ大丈夫です。
    試しに目立たないところで
    要チェックであります。
  • 完成!
    指紋がつかないことを確認して完成です。

本来、物を塗装するためのスプレーでは
ありませんが、よく塗れました。

塗装面に乱暴にボルトを投げ込んだり、
爪をたててみましたが、はがれる
気配はありません。


マーキングスプレーは、小物入れを塗る
には、十分という結果になりました!
師匠すばらしいです!

ある程度厚く塗れば

艶も出ます。



ちょっと古い工場にあったら
なんか雰囲気でそうです。
いろんな色の物があるガレージ
もこれなら統一感やポップな
イメージを演出できそうです?


今回かかった費用です。
・スプレー1本  188円
・パーツクリーナ 150円?
占めて338円でできました。
かかった時間は
・コメリまで1時間半
・ウィンドウショッピング1時間
・休憩(缶コーヒー 1時間)
・脱脂 5分
・塗装1時間半

占めて4時間と35分でできました。
なにもない休日にはもってこいな
遊びでした。

みなさんもぜひ、身の回りの物を
塗って気分リフレッシュであります!

※このブログに載っていることはすべて
 自己責任でまねしてくださいネ!
 塗装をするときはよく換気しましょう。

木製スピーカーバッフルの耐用年数とは

  • あいさつ
    最近ブログを読み直しながら酒を飲む
    日々が続いております。
    ふと思いました。毎度あいさつ
    いるのかと。
    そんなことを考えながら明日の
    「あいさつネタ」を考えています。
    こんばんは。DASUNNAです。
  • スピーカーを変えると車は楽しくなる
    クルマでより良く音楽を聴きたい!
    そんな人は真っ先にスピーカーを
    交換するでしょう。
    また、そう思う人は交換したほうが
    運転そのものを楽しめます。
    当方、車を買うたびに最低限
    オーディオにお小遣いを使っていた
    ものです。
    元吹奏楽部の女の子を載せて、
    「音がきれいだね」なんて言われたら、
    「君のほうが・・・」以下自粛





  • バッフル素材とスピーカーの縁
    純正スピーカーを交換しようとすると、
    必ずと言っていいほど、「バッフル」
    をセットで取り付けします。



  • 木製バッフルの耐用年数
    バッフルには、木製の物があり、外気や
    湿気にさらされる過酷な環境で使用されています。
  • 実際に外したバッフルを見てみよう
    今回、拝見する車両のスペックです。
    H24年 フィット
    スピーカー取り付け年月:5年と2か月
    バッフル:アルパイン
    スピーカー:アルパイン STE-172C

    5年も取り付けて、青空車庫、間違い
    なく腐食はしているでしょう。
    この先も使えるレベルなのか、
    見てみましょう。ドキドキだお。


  • 結論・まだまだ使える!
    画像の通り、シワや剥がれかけたりして
    いるものの、ボロボロと崩れ落ちたり
    する気配はありません。
    ネジも錆が見えますが、がたつきは一切
    ありませんでした。
    もともとドアとスピーカーで強固に挟んで
    いるため、そう簡単には水を含んで膨張
    したりしないようです。

    ただし、雪国はその限りではないようです。

    バッフルの割れ目に水が入り、凍る。
    この車は、そんな過酷な環境にいましたが
    廃車までは大丈夫な気配でした。

    しかし、経験上ホンダの車は積極的に
    ドア内に水を排水するように見えます。
    純正スピーカーに傘がついてるくらいです。

  • なんで、まだ使えるっていうの?
    答えは簡単です。

別の車で再利用しているからです。

ちなみに音の違いは感じません。
貧乏金なしです。再利用できるものは
            しましょう。

現在は、カロッツェリアやアルパインから
「メタル」のバッフルが出ています。

メインカーは当方メタルのバッフルです。
精神的にはメタルのほうがいいのかもしれません。
その物がどういう役割なのかを考えると、
思いのほか、物持ちがいいのかもしれません。