古いコンポをお小遣いでブルートゥース化する!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • おっさんなら・・・
    でかいアンプとプレーヤーで青春の音楽を聴いていたオッサンたち。
    ビートルズのCDを丁寧にプレーヤーに入れ、この音がいいなんて言っちゃう思い出ないですか?
    そんなアンプやコンポが

    ブルートゥースで復活


    させることができるのです!
    音の温かみは少々減りますが、スマホで好きな音楽を聴けちゃいます!

    それも3,500円で。


    もうCDを冷蔵庫に入れる必要もありません!
    そんな便利グッズを紹介します。



  • CDかMDしか聞けないコンポ
    当方の思い出の一台は
    ソニーのDHC-MD333
    であります。

    コンポを高くて買えない当方が親父から払い下げしてもらった

    MDかCDしか聞けないオールドスクールマシンかも~

    それを

    エレコム
    LBT-AVWAR500
    (以下レシーバー)
    でブルートゥース対応現代マシンに大変身です!




セラミックテープが好きな人とはいい酒が飲めそうです。
  • 接続方法は?
    単純です。
    レシーバーをつけるだけ!
    レシーバはコンポにつなぐケーブルのほかに、電源を取る必要があります。
    それも同梱してあるので、ほかに買うものはありません。


    下の図で一目瞭然かも~!




  • 繋ぎ方、説明します。
    まずは、コンポの裏側を見て、入力があることを確認します。

    「AUX」「入力」と記載があるところです。



  • 携帯での設定
    レシーバーをコンポにつないだら、あとは携帯で設定します。

    1、コンポとレシーバーの電源が入っていることを確認します。
    2、コンポのファンクションが「AUX」になっていることを確認してください。
    うちの場合は「TAPE(テープ)」表記です(古)
    3、携帯でブルートゥースを接続します。
    4、携帯で音楽を再生します。



接続が完了して、音楽を聴けたら完了です。
コーヒーをゆっくり飲み、思い出のスピーカーに浸れば本当の完了です。


  • これいいあれダメ×

    懐かしい音で最新の曲をスマートに再生できる。
    これだけで素晴らしいのですが、レビューします。

    これいい〇
    ・古い機種でスマホの音楽を聴ける
    ・接続が簡単(物理・スマホ含み)
    ・軽くて小さい!(30g程度)
    ・安価(K’sデンキで\3,500)
    ・トイレにいてもつながりっぱなし

    あれダメ×
    ・家に入る度に接続しなおす
    ・ファンクションをスマホで変えられない
    ・音量をさらに大きくする場合は、スマホじゃできない
    ・電源の入り切りがスマホでできない(学習リモコンを使えば可能)


    かなりのウェイトでいいところが勝っています。

    接続の手軽さでいうと、機械音痴の女の子でもできるんじゃないかレベルです。
    何より、でかくて邪魔なだけの使わない邪魔者コンポが日常でまた活躍します。
    当方、テレビより使っているかも~

    さらに、レシーバーが安価なので、同じ物をヤフオクを駆使して買うと1万円でおつりが来ます(笑)

    CDを読み込めないコンポもフル活用できます(驚)
    気に入ったものを長く使うことが最大のエコだと思います。

    応用すれば車でも使用可能なレシーバー。

    おすすめかも★★★★★
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

スポンサーリンク

コメントを残す