台風対策~意外なところに飛散物~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 台風対策でスーパーの棚はどんがら・・・
    昨今猛威を振るう自然災害。
    その中でも、台風では上陸するたびに甚大な被害をもたらしています。
    多くの人が身の安全について記載しているので、今回は風で飛ばされそうな盲点についてお話したいと思います。

  • 駐車場?工事中?進入禁止?カラーコーン
    月極の駐車場に勝手に止められないように、あるいは、お店の駐車場の区別に、工事中につき、立ち入り禁止のために。
    関係なさそうで結構身の回りにおいてある”カラーコーン”。

    あれって案外簡単に飛ばされるのです。
    飛ばされて車に当たったり、人に当たったりしないよう、重りを乗せたり、自宅にしまったり、対策を施しましょう。





  • どのくらいの風で飛んでしまうのだ

当方、以前コーンをよく触る仕事をしていました。
風の強いある真冬に「簡易風速計」を持ってコーンが倒されたり、飛んでいく様子を計測していたことがあります。
うろ覚えのため、思い出しながら記載します。

高級なコーンはとても重いですが、ホームセンターで置いてあるようなものは明らか軽いです。その見極め方と大体の目安がこちら↓


コーンにも種類があり、重量が1㎏ないもの、重りを乗せて3㎏あるもの、重りが標準で備わってるもの、さまざまです。

左のべらべらなコーンは黒い重りが乗っていたのしても、

今すぐ家に仕舞ったほうが吉です。


右の割と強靭なコーンは、簡易風速計で15m/sを行き来しているときに動いたり、20mを超えたところで倒れたりするものがありました。
倒れた後は、上の穴から風を通すためか、あまり動くことはありませんでした。


右のカラーコーンで簡単にしまえないものであれば、


二重にかぶせる
土や砂の入った土嚢を括り付ける
その他、重しをする


ことで飛散をある程度防ぐことができます。

今回の台風は



非常に強い

に相当します。

家の周辺を見渡し、飛ぶものがないよう、一度確認しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

スポンサーリンク

コメントを残す