続編!固形ワックス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • クルマをきれいにするということ
    男たるもの、デート前は洗車をする。これ未だに続けています。
    ちなみに、デートの予定が最近はないけど洗車をしています。
    DASUNAです。

  • ワックスを塗る下準備をしよう!
    いつもは、少しのお小遣いでコーティング剤を買っていますが、今回はさらに節約!
    激安固形ワックスを使ってみよう!
    の続きであります。

    結論から言いますと、ワックス、使える!です。



    忙しい人はそっと閉じてホームセンターに行きましょう。




  • 今回のベース車両は友人のクルマであります、こちら!






ホンダ クロスロード

であります。

見切れてますが、全体的にごっつく、一目で「他とは違う」がわかる当方の好きなクルマであります。

でもこの車・・・・





汚っっっねぇであります。


汚い上からワックスをかけても、汚れを閉じ込めるだけです。
ましてや、ワックスを塗る段階で汚れを引っ張ってしまい、余計に傷がついてしまいます。

  • まずは洗車を開始するであります!


シャンプーで洗車を行います。
シャンプーは車用ではなくても、中性洗剤の「ママレモン」や「ジョイ」でも代用可能です。
当方、長らく食器洗剤愛用していましたのでおそらく大丈夫です。



  • 粘土で鉄粉を取ろう!
    クルマは、農道から国道まで、さまざまな場所を走ります。走っているうちに鉄粉と呼ばれる鉄の小さいものが刺さっていきます。
    濡れた状態のクルマを撫でてみてパパのひげみたいにジョリジョリしてたら、それが鉄粉です。
    もっとわかりやすいのはタバコの箱についているセロファンを使って撫でるといいです。

    鉄粉はトラップ粘土で除去します。

    これもワンコインくらいで買えますので、おすすめです。





写真ではアワアワで使っていますが、擦る面が濡れていればオーケーです。
粘土でこすっては、触ってみて、ひげがなくなったら施工完了です。

あとは水で流し、クルマを乾拭きします。



  • いよいよワックス様降臨!
    ここまで来たら、ワックスをかけられます。
    時間にして1.5時間ちょっとです。(慣れなかったり、ジョリジョリしてるともう少しかかるかも・・・)

    ワックスの缶を開けます。

    ワックスの蓋は固く閉ざされていますが、プラスチックの蓋で開けられるのです!






ワックスを少量取り(小指の指先くらいです体積だと1㎤くらい)、スポンジになじませたら、縦横に滑らせます。
どのくらいワックスを塗りつけるかというと、ワックスの白いのが見えなくなるくらいです。
多くつけすぎると、加減がわからなくなります。
雨が降った時に水が流れる方向を意識します。
まんべんなく濡れたら、柔らかい雑巾で残りを拭きとる。
これを車体全体に行います。


そして、肝心なワックスを塗る写真は撮ってませんlol


では、仕上がりを見てみます。。。。









拭き上げまで行ったボンネットです。
施工前との差は歴然!

ちなみに黒じゃなくて白や青のクルマですと、ワントーン明るい色になります。
驚き太郎です。

継続効果はまだ実験途中ですが、見た感じですとかなりよさそうです。
安いワックスも全然使えるので、

初めてワックスをかける人やセカンドカーのワックスがけなんかにも非常におすすめです!


すごいぞ!激安固形ジャパンワックス!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

スポンサーリンク

コメントを残す