ラッカースプレーで小物を塗る~番外編~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • あいさつ
    大雨の影響が心配であります。
    そんななか、自分が何もできない
    ことに無力感を感じる日々です。
    サンドウィッチマンのように
    笑いを届けれたらどれだけ素晴
    らしいでしょうか。
    ちなみに体系はサンドウィッチマン
    激似です。DASUNAです。

  • 小物を塗る番外編
    前回アップしました
    ラッカースプレーは使えるのか
    問題
    の続きです。

    ガレージといえば工具!
    工具といえば赤!

    そう、赤色は素敵であります。

    赤いものが増えると場所が一気に
    明るくなる気がします。
    ベージュや赤色が当方好きです。

    「せっかくだから書類を入れる
     棚も塗っちまうでねっが!」
    師匠の一声で塗っちゃいました。
    スプレーは例のマーキングのやつ
    です。



赤いだけでオフィス感が消えるのはまあ不思議!

DASUNA「これは大きいんで、下地処理
     しましょうか?」

師匠  「天気がいいのでスプレーを
     ぶっかけるであります!」

DASUNA「師匠、私が間違ってました。」

そんな流れで塗りましたが、
あら不思議、赤いだけでガレージ感が増します。

中を塗らないのは、その時の思い出を2000年後に
忠実に思い出すためです。


  • そういえば台所・・・

    倉庫には台所があります。
    それはそれは日本の台所と
    いった感じです。

    ならば・・・・

    赤に塗ってしまえねっが!

    であります。

DASUNA「師匠、赤と白は実にいい
     組み合わせですね。
     まさに原宿」

師匠  「縁起がいいねっが!
     ま○とチャン・・・◎×□▽」

台所の表面は、つるつるしていて、汚れ
を寄せ付けない素材でした。それ故
一度脱脂をしても弾いてしまいましたが、
薄く何度も吹くことで定着しました。
実物では目立ちませんが、スプレーをケチった
ことで、塗りムラが発生しました。

スプレーは想定プラス1本くらいは買いましょう。

  • 苦情が来る前に、対策を

    塗装は、対象物以外にも
    自分が思う以上に広がります。

    これからのガレージライフでは、
    奥様など、家族の理解が重要に
    なる故、不用意に塗装が飛ばない
    よう、養生をして作業を行いましょう。


ベニヤ板を立てて、塗装を行ったため、
周辺の広がりはわずかでした。

気遣いの師匠も

これならオッケーだねっが!

一人で生きているわけでは、ありません。
周辺に気を使って、理解をしてもらって
初めて楽しくなるのだと師匠は言いました。

ガレージってお金がかかりそうですが、
できるだけ安く、楽しい空間を
サラリーマンである、私と師匠

そう、週末ヒロインの我々
みなさんに、楽しさを届けたいと
思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

スポンサーリンク

コメントを残す