木製スピーカーバッフルの耐用年数とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • あいさつ
    最近ブログを読み直しながら酒を飲む
    日々が続いております。
    ふと思いました。毎度あいさつ
    いるのかと。
    そんなことを考えながら明日の
    「あいさつネタ」を考えています。
    こんばんは。DASUNNAです。
  • スピーカーを変えると車は楽しくなる
    クルマでより良く音楽を聴きたい!
    そんな人は真っ先にスピーカーを
    交換するでしょう。
    また、そう思う人は交換したほうが
    運転そのものを楽しめます。
    当方、車を買うたびに最低限
    オーディオにお小遣いを使っていた
    ものです。
    元吹奏楽部の女の子を載せて、
    「音がきれいだね」なんて言われたら、
    「君のほうが・・・」以下自粛





  • バッフル素材とスピーカーの縁
    純正スピーカーを交換しようとすると、
    必ずと言っていいほど、「バッフル」
    をセットで取り付けします。



  • 木製バッフルの耐用年数
    バッフルには、木製の物があり、外気や
    湿気にさらされる過酷な環境で使用されています。
  • 実際に外したバッフルを見てみよう
    今回、拝見する車両のスペックです。
    H24年 フィット
    スピーカー取り付け年月:5年と2か月
    バッフル:アルパイン
    スピーカー:アルパイン STE-172C

    5年も取り付けて、青空車庫、間違い
    なく腐食はしているでしょう。
    この先も使えるレベルなのか、
    見てみましょう。ドキドキだお。


  • 結論・まだまだ使える!
    画像の通り、シワや剥がれかけたりして
    いるものの、ボロボロと崩れ落ちたり
    する気配はありません。
    ネジも錆が見えますが、がたつきは一切
    ありませんでした。
    もともとドアとスピーカーで強固に挟んで
    いるため、そう簡単には水を含んで膨張
    したりしないようです。

    ただし、雪国はその限りではないようです。

    バッフルの割れ目に水が入り、凍る。
    この車は、そんな過酷な環境にいましたが
    廃車までは大丈夫な気配でした。

    しかし、経験上ホンダの車は積極的に
    ドア内に水を排水するように見えます。
    純正スピーカーに傘がついてるくらいです。

  • なんで、まだ使えるっていうの?
    答えは簡単です。

別の車で再利用しているからです。

ちなみに音の違いは感じません。
貧乏金なしです。再利用できるものは
            しましょう。

現在は、カロッツェリアやアルパインから
「メタル」のバッフルが出ています。

メインカーは当方メタルのバッフルです。
精神的にはメタルのほうがいいのかもしれません。
その物がどういう役割なのかを考えると、
思いのほか、物持ちがいいのかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

スポンサーリンク

コメントを残す